ハナエモリ(HanaeMori)の人気モデル

ハナエモリ(HanaeMori)の人気モデルです。

ハナエモリ(HanaeMori)のサングラスの人気モデル

  • 1
    17,600円 (36% off) 27,500円(税込)

    ハナエモリ HM204-BLKのご紹介です。凛とした“品”と“華”を持ち、“日本人であること”、“女性であること”をブランドアイデンティティーとして、西洋の形の中に東洋の美を盛り込む独自のスタイルを築き上げてきた「HANAE MORI(ハナエモリ)」。 レンズには肌なじみのよい薄めのグラデーションカラーを採用し、サングラスだけが目立ちすぎることなく、上品なオシャレを楽しむことができます。

当店おすすめの サングラス をご紹介いたします。

ヴィクター&ロルフ

ヴィクター・ホスティンとロルフ・スノランが、1993年に立ち上げたオランダ発のファッションブランド、ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)。
2004年にアイウェアシーンに進出。コンセプトは「Modern Vintage」。レトロモダンなメガネのブームの火付け役とも言え、デザイナー本人達がアイウェアのデザインに関わるなど、完璧な仕立てと抜群のカッティングセンスで高い完成度と芸術性を持つブランドです。

アイシーベルリン

1998年、コレクション初出品でシルモドールを受賞したドイツの新鋭アイウェアブランド アイシーベルリン(ic! Berlin)。3人のプロダクトデザイナーが美大時代の「ネジ、接着不使用でメガネを完成させる」という論文をきっかけに1997年に立ち上げたブランドです。
幅広い知識を持つプロダクトデザイナーだからこそ生み出せる柔軟な発想とデザインが機能性と壊れにくさ、超軽量、高いファッション性という理想的なメガネを生み出します。

イジピジ

2010年にパリで創業し、同年8月にInnovation and Entrepreneurship Prizeを受賞。
最初は“卓上型”のもので、銀行や保険会社、ホテルに置かれるようになり、その後変化を遂げ、2013年に現在の“メガネ型”が登場。
IZIPIZI(イジピジ)は、デザイン性や豊富なカラーを揃え、老眼鏡からサングラスまで世界中のあらゆる世代に愛されているブランドです。

サラギーナ

イタリアのアドリア海沿い、リミニ発のアイウエアブランド。イタリアでよく食べられる青魚の名前(日本でいうイワシの一種の魚と同じ。)を冠したサラギーナ(SARAGHINA)のコンセプトはずばり「原点回帰」。
単純に美しいサングラスを楽しむというテーマで作られ、日常にさらりとなじむ実にシンプルなデザインが特徴で、作り手のライフスタイルが垣間見えるアイウエアです。


オーマイグラス株式会社のオリジナルブランド「Oh My Glasses TOKYO」「TYPE」「PAGE」

オーマイグラス株式会社が展開するオリジナルブランド。全て福井県鯖江市で生産しており、日本品質を世界へ届けます。


Oh My Glasses TOKYO

2015年にスタートした、オーマイグラス株式会社が日本だけでなく世界に展開するオリジナルアイウェアブランド。
日本が世界に誇る眼鏡の産地、福井県・鯖江市。ここでは、優れた職人たちが、手間ひまかけて『ていねいな眼鏡』を作り上げています。
私たちオーマイグラスはITのチカラで流通を効率化し、ムダな中間コストをカット。買い手にとっても、作り手にとっても、世界にとってもフェアな価格を実現しました。
ていねいな眼鏡を、適正な価格で。世界に開かれたインターネット発の企業だからこそ、できること。

TYPE

文書によるコミュニケーションにおいて、書体(typeface)のデザインがメッセージの伝わり方に影響を及ぼすように、
眼鏡のフレームの微妙なデザインの違いは、それをかける人の印象に変化をもたらします。
「TYPE」は書体と眼鏡の、機能的、デザイン的な共通点に着想を得て誕生したアイウェアブランドです。

PAGE

本田圭佑×オーマイグラスによる、社会貢献型サングラスブランド“PAGE(ペイジ)”。
サングラスを通じた社会貢献の新しい形を目指し、売上の2%を恵まれない子どもたちに寄付します。