韓流スター チャン・グンソクが来日にかけていた、テイラーヒッチ(Tailor Hitch)のサングラスとは?

(photo:チャングンソクJapan Fanclub Twitter)

チャン・グンソクと言えば、現在、俳優、歌手、モデルと多彩な活躍を見せるイケメン韓流スター。彼の甘いマスクによろめいてしまう女性も多いのではないでしょうか。

今回は韓流スターの中でもトップクラスの人気を持つチャン・グンソクの歴史に迫ってみたいと思います!

チャン・グンソク プロフィール

1987年ソウル生まれ。5歳の時、子供服カタログのモデルとして芸能界デビュー。2001年、歌手BoAと共演したSKテレコム「ティング」のテレビCMで注目を集めます。2006年ドラマ「ファン・ジニ」や同年、日本でのホラー映画「着信アリ Final」に出演。日本での知名度も上がります。2009年、ドラマ「美男(イケメン)ですね」で、イケメンバンドのリーダー役を演じ、大ブレイク。

歌手としても活躍しており、2010年10月、中国と東南アジア向けにミニアルバム「The Lounge H vol. 1」を販売することを発表。2011年日本デビューシングル「Let me cry」をリリース。発売初週11.9万枚を売り上げオリコン初登場首位に。

2011年に公開された映画「きみはペット」では、ふとしたことから同居生活を始めたキャリアウーマンのウニと、彼女のペット「モモ」になった美少年イノを演じて日本でも話題になりました。予告編はこちらです!

きみはペット 予告編

ファッション誌編集者として働くチ・ウニ(キム・ハヌル)、31歳。アメリカ留学帰りのバリキャリで、部下からも恐れられる姐御的存在だ。しかし、仕事では左遷され、恋人からもふられ…失意のどん底!そんなある日、ウニは自宅のバスルームで見知らぬ男の子を見つけ、ビックリ! 彼の名はカン・イノ(チャン・グンソク)。

イノは、将来を嘱望されていたにもかかわらず、イギリス留学中にプリマドンナに大怪我をさせたことを悔やみ続ける落ちこぼれダンサーだ。家を追い出されたイノを泊め、「部屋代」を稼ごうとウニの弟チ・ウンス(チェ・ジョンフン)が連れてきたのだ。もちろん、イノを泊めることにウニは猛反対!

ある雨の夜、ウニが自宅マンション前に置き去りにされていたダンボールを見つけ、おそるおそる箱を開けると…なんと、ずぶ濡れの姿で座り込んでいるイノだった。行き場のないイノは、「友達」でも「恋人」でもなくペットとして一緒に住むことを提案。あきれながらも、「素直に言うことを聞けば、飼ってもいいわ」と答えるウニ。「ご主人様とペット」…ふたりの奇妙な同居生活が始まった。
(引用元:「きみはペット」公式サイト)

ペットである「モモ」になりきった少年イノを可愛らしく演じるチャン・グンソクが可愛い!という女性ファンの声多数の、笑って泣ける映画になっています。

2013年はTEAM Hとしてツアーを成功させ、夏にはZIKZIN FESを開催。1日2ステージのパフォーマンスと参加型のブースを併設させて、今までにないフェスティバルを成功。2014年の活躍も楽しみな韓流スターのひとりです。

そんな彼が、2013年12月に来日した際に掛けていたサングラスがこちら。

PATTERN Y-01

大ぶりなウェリントンシェイプのフロントに、ゴールドのメタルテンプル。メガネ職人によるハイクオリティの仕上げとがデザイン性が融合したサングラスは、彼の甘い容姿をさらにスタイリッシュに見せてくれます。

いかがでしたでしょうか?この他にもTailor Hitch(テーラーヒッチ)のアイウェアコレクションはこちらから探すことができます。カジュアルながらスタイリッシュ。普段使いしやすいデザインのフレームがたくさんあります。是非ご覧になってみてくださいね。

Oh My Glassesでは、Tailor Hitch(テーラーヒッチ)の他にも多数のメガネやサングラスをご用意しております。お忙しい方の為に、1回につき5本まで家で試着可能なシステムもご用意しています。お気軽にご利用ください。