勝負強さは目元から?SWANS(スワンズ)のサングラスを愛用するアスリートの秘密


(Photo:Some rights reserved by Fevi in Pictures)

トップアスリート達のスーパープレイは、普段あまりスポーツを観ない人でも、その視線を釘付けにしてしまいますね。

石川遼、諸見里しのぶ、有森裕子、谷佳知、白戸太朗…。多くのアスリート達がその品質を支持するSWANS(スワンズ)のスポーツサングラス。

今回は、アスリート達がSWANS(スワンズ)を愛用している理由と、彼らのパフォーマンスを支えるその品質に迫ってみたいと思います。

プロゴルファー・石川遼さん

ゴルフは、「見る」、「決める」、「打つ」という、目から全てが始まると言っても過言ではないスポーツですが、実際にいざゴルフコースへ出ると、様々な物が目を襲います。例えば強烈な太陽光やグリーンの照り返し、風や埃、さらに曇ってきた時の暗さといったものが視界を妨げることも。

プレイ中の視界について、プロゴルファーの石川遼さんはこう語っています。

天候が曇ってきて暗くなったり、日陰になった時にラインが見え難くなることがありました。逆に明るめの薄いカラーのレンズも使ったこともあるのですが、やはり眩しさが気になったりすることもありました。

そんなことから、暗めのレンズ、明るめのレンズの両方の機能を持ったレンズを探していたのですが、今回のアイスブルーレンズはそれに答えてくれるカラーのレンズでした。
(引用元:SWANS(スワンズ)公式サイト)

素晴らしいショットを打っても、最後のカップに入れるためのパット打ちでの微妙な弾道を読むには、いつでもグリーンをきちんと捉えられる状態にしておかなければなりません。

少しの視界の妨げが勝負を大きく左右するスポーツだからこそ、プレイ中の視界をクリアにしてくれるサングラスを愛用されているのですね。

マラソン・有森裕子さん

そしてマラソン。こちらも同じく、紫外線や埃、風や眩しさなど目から遠ざけておきたいものが試合中にたくさんありますが、サングラスをかけて走ると疲れ方が違う、と語る有森さん。眩しさで目を歪ませて走ると、全身がとても疲れてしまうそうです。

(PHOTO:Some rights reserved by by Stijlfoto)

目はいつも自然な状態にしておきたいので、そのためにもサングラスは非常に有効なのです。

(引用元:SWANS(スワンズ)公式サイト)

マラソンは長時間勝負の競技であるため、疲れを後半に残さず、いかに余計な事に神経を使わないかが勝負の分かれ目。そのためにも視界がクリアであることをとても大事にされているのかもしれません。

常にアスリート達にとって、最適な視界を提供するSWANS(スワンズ)のスポーツサングラス。様々なドラマを生み出すきっかけを作るアイウェアを、是非一度お試しください。

Oh My Glassesでは、この夏、様々なスポーツサングラスをご用意しております。ご興味のある方はぜひこちらも覗いてみて下さいね。