ジョブズに愛されたメガネブランドLunor(ルノア)が全国5都市でトランクショーを開催!!

今から21年前、1991年にドイツにて誕生したメガネブランドLunor(ルノア)。アンティークメガネコレクターの、社長兼デザイナー、ゲルノット・リンドナー氏らしく、伝統的なハンドメイドという製造方法にこだわったメガネが特徴です。

そんなLunor(ルノア)が、10月20日を皮切りに、全国でメガネのトランクショーツアーを行います。

Lunor logo

画像出典(Lunor(ルノア)公式ウェブサイト)

Lunor(ルノア)のトランクショーツアー

今回のLunor(ルノア)のトランクショーツアーは、社長兼デザイナーであるリンドナー氏の10年振りの来日にあわせて開催。このトランクショーは、リンドナー氏の来日記念モデルから、映画『ダイ・ハード3』で登場した「LunorⅡ シリーズ」の復刻版に至るまで、Lunor(ルノア)の現行モデルすべてが取り揃えられたトランクショーです。

開催店舗は、

10月20日(土) 東京・銀座、銀座三越6階のメガネサロン、
10月21日(日) 東京・渋谷、グローブスペックス渋谷店、
10月26日(金) 岡山・表町、アイウェア・カイロス、
10月27日(土) 名古屋・栄、ヴァージェンス、
10月28日(日) 神戸・三宮、デコラ神戸

以上の五か所となります。

多くの名作と呼ばれるメガネが一同に会するこのトランクショーは、Lunor(ルノア)ファンならずとも必見のイベントです。Lunor(ルノア)のメガネを購入できるだけでなく、世界的に著名なアンティークメガネコレクターであり、現役のメガネデザイナーに多大な影響を与えるリンドナー氏に会うことのできる機会を逃す手はありません。

Lunor(ルノア)とは

ここで、メガネブランドLunor(ルノア)について、少しおさらいしてみましょう。

Lunor(ルノア)はドイツ・シュツットガルトにあるメガネブランド。普遍的デザインの中にクラシカルな優美さを併せ持ち、堅牢で高品質なデザインのメガネは欧米でも非常に高い評価を受けて爆発的な人気を博しています。日本においても、近年の丸メガネやウェリントンのようなクラシックメガネブームによりその注目度は上昇しています。

かのアップル創業者、スティーブ・ジョブズ氏の愛用していたメガネもLunor(ルノア)のメガネでした。ジョブズ氏の丸メガネは、Classic Round(クラシックラウンド)という、ふちなしのメガネです。ジョブズ氏は、このメガネの微妙に変えたレンズのメガネを、色違いでいくつか持っていたといいます。

lunor classic round

画像出典(blink optical)

現代のメガネデザイナーに多大な影響を与えるだけでなく、時代の寵児ともいえるジョブズ氏に愛用されていたメガネブランドLunor(ルノア)。このブランドのトランクショーとあれば、行ってみて損はないイベントなのではないでしょうか。