ホームおすすめメガネ店メガネの知識目の健康メガネの修理・調整ファッションニュース・トレンド メガネ・サングラスの選び方

 

個性的で優雅なCAZAL(カザール)のメガネ

こんにちは。

今回は、大胆なデザインながらもエレガントなフォルムと、繊細なカラーリングが見る者を惹き付けるメガネブランドCAZAL(カザール)についてご紹介します。

引用元:CAZAL(カザール)公式ウェブサイト

CAZAL(カザール)というブランド

CAZAL(カザール)は、1937年、ギリシャ・アテネ出身のデザイナー、カリ・ツァローニ氏が創始したブランドです。

彼は、ウィーン芸術アカデミーで建築を学んだ後、シャンデリアをはじめ、家具や陶器など様々なデザインに携わっていましたが、1975年、自らの名前をもじった「CAZAL(カザール)」というアイウェアブランドを立ち上げました。

同年、ドイツ・カールスルーエにてデビューすると、カリ・ツァローニ氏の洗練された感性と、ドイツ・ワイマールで設立されたデザイン学校であるバウハウスから影響された美意識も相まって、瞬く間に人気を獲得しました。

CAZAL(カザール)は、「サクセスは繰り返すが、同じスタイルは繰り返さない」という精神のもと、メガネを創り出していったのです。

その結果、1999年、2000年、2003年にアイウェア・オブ・ザ・イヤーを受賞し、今なおその輝きと高い機能性、流行に左右されない確かな個性を有するメガネブランドとなっています。

徹底的に自らのアイデンティティを示すCAZAL(カザール)のメガネは、ハリウッドにおいても絶大な人気を博していて、マドンナら世界屈指のセレブ達も虜にしています。

アメリカではCAZAL(カザール)の人気を示す事件として、殺人事件も起ったほどです。

ニューヨーク・ブロンクスで、CAZAL(カザール)のサングラス欲しさゆえの事件でした。

このことは、デザイナーのカリ・ツァローニ氏に大きなショックを与えました。

CAZAL(カザール)のメガネの特徴

CAZAL(カザール)のメガネの特徴といえば、その大胆で独創的なデザインと装飾性です。

引用元:flickr

極端に幅のあるテンプルに施された「抜き」のデザイン、直線と曲線を巧みに織り混ぜた幾何学的装飾、職人の手で色付けされた、4000~5000色使用しているとされる変幻自在なカラーリングは、CAZAL(カザール)の先進性のたまものでしょう。

ナチュラルな曲線と変幻自在なカラーは、メガネを手にしただけで、デザイナーのファッションに対する想いやその創造性を感じ取ることができるほど。

メガネ一本一本に込められた強烈で洗練された個性の中に鬼才・カリ・ツァローニ氏のファッションに対する確固たる哲学さえ感じとれるブランドがCAZAL(カザール)なのです。

そして、これこそが、CAZAL(カザール)というブランドの最大の魅力です。

近年のCAZAL(カザール)のメガネ

CAZAL(カザール)は、伝統的な職人技をベースにしつつも、時代の潮流に左右されず、常にオリジナリティにあふれた製品を生み出し、進歩的な若者を取り込み続けています。

さらに、CAZAL(カザール)はここ数年、特徴である装飾を控えめにしたラインを新たに加わえることで、ユーザーの裾野をさらに大きく拡げているのです。

ブランド設立から30年以上も経っているにも関わらず、今なお人気を保ち続けられるのは、CAZAR(カザール)ひいてはデザイナーのカリ・ツァローニ氏の妥協なきデザインの追求にあるのでしょう。

CAZAL(カザール)は、そのメガネを纏う者にインテリジェンスと個性を与え、高い独自性と芸術性を具現化させる、高度なアートが凝縮されているブランドなのです。