Ray-Ban(レイバン)のサングラスは、こうやって見分けるんです!!

Ray-Ban(レイバン)のラインナップを見る

 

最近、復刻版のRay-Ban(レイバン)のサングラスが次々と登場し話題を呼んでいますね。 ブランドが誕生してからずっと人気を保ち続けているRay-Ban(レイバン)は、その人気さゆえに偽物が出回ったりするなどの問題が出てきてしまうこともあります。 また、Ray-Ban(レイバン)は、過去に開発社の変更を行ったために、サングラスにオリジナルのボシュロム社(Bausch & Lomb)・アメリカ製サングラスと現在のルックスオティカ社(Luxottica)・イタリア製があり、選ぶ際にどこを見て違いを判断すればよいのかがわかりにくいというのが実際のところです。

そこで今回は、そのような違いをどこで見分けるのか? あるいはRay-Ban(レイバン)のサングラスのサイズ表記はどのように見ればいいのか?についてご紹介したいと思います。 レイバンの真贋、違いの見分け方、サイズや表記のこと さて、どうでしたでしょうか? かなりわかりやすく説明されていて、大変参考になる映像資料だと思います。 Ray-Ban(レイバン)というブランドサングラスを買ったと思っていたら、実は偽物だったなんていうのはあって欲しくないことですし、サイズなどを理解せずに選ぶのもできれば避けたいことです。

さらにRay-Ban(レイバン)の場合は、アメリカ製の良さとイタリア製の良さにも違いがあるようですし、「自分に合う」サングラスを手に入れるのは一筋縄ではいかなそうです。 だからこそ、こういう知識を大事にして、偽物に騙されずに、真に「自分に合う」Ray-Ban(レイバン)のサングラスを選んでいただきたいと思います。 今回ご紹介できたのは、ほんの一部の知識でしかありませんが、Ray-Ban(レイバン)がお好きな方のお役に少しでも立てていれば幸いです。

rayban