これって保証でできる?メガネの調整を無料でできるケース| メガネスタイルマガジンOMG PRESS

眼鏡は購入したらそれでおしまいではありません。最初にお店で買う時にはその人に合わせてかけ具合を微調整します。それでも使っていくうちに、かけ具合が変わってきたり不具合を生じたりすることがあります。
きちんと合っていないと、見た目がイマイチな上、見え具合にも影響します。無料でしてくれるアフターケアは意外と多いのです。お店でしてくれるサービスをご紹介します。

 

無料のアフターケア・使わなければ損!

無料のアフターケア・使わなければ損!
あなたの眼鏡は買った時のままですか。もし購入してから一度も眼鏡店で見てもらっていないのであれば、使っているうちにゆがみやズレが生じているかもしれません。ほとんどの店ではアフターケアは無料です。まずはセルフチェックをしてみましょう。 普段の眼鏡をかけて鏡の前に立ちます。次に5秒ほど下を向いてください。その後ゆっくりと顔を上げその眼鏡の具合を鏡で確認します。
眼鏡はズレていませんか。鼻の部分が浮いていませんか。そもそも眼鏡自体にゆがみはないですか。ツルが耳から浮いていませんか。 着用感も大事です。長くかけているのがつらい人は眼鏡の幅が合っていないか、レンズの焦点が合っていないかもしれません。

 

1年以内の破損!眼鏡の保証書をひっぱりだそう


使っているうちにレンズが外れた、ネジが取れた。そんな時、購入から1年以内であれば大抵保証期間内となります。まずは保証期間内であるか、補償の対象となる破損であるか、保証書を確認しましょう。 眼鏡の保証書には度数のほか様々な数字やローマ字が書かれていますが、これは個人の目のデータです。球面度数、瞳孔間距離、矯正視力、乱視度数、目の位置などといった情報が記載されているので、これがあれば素早く新しい眼鏡を作り直せます。
自分の不注意で眼鏡を落としてしまったり、踏みつけたりしてフレームをゆがませてしまった場合でも諦めないでください。基本的に保証が付くのは商品自体の不具合による破損ですが、自己都合でも破損保証されるケースもあります。これは通常の3割から半額で買えるなどといったものです。

 

普通に使っていて壊れた!なら無料で交換できます

普通に使っていて壊れた!なら無料で交換できます
商品自体の問題で壊れてしまった場合は無料で同じ商品と交換してもらえます。もし同じ商品の取り扱いが終了していたり売り切れていた場合は同じ価格のものと交換できる場合もあります。 特に破損の心配がある子供用の眼鏡には、独自の保証を設けているお店が多くなっています。大人よりも手厚いサポートが受けられるのです。販売店舗によって保証の期間や規定が異なりますので、よく保証書を確認しましょう。保証書が見つからなくても購入店にデータが残っていることもあるので、ダメ元で問い合わせてみると良いでしょう。

 

用事がなくても眼鏡店に行こう!チェックにもなるクリーニング

破損していなくても眼鏡店にこまめに足を運びましょう。眼鏡のクリーニングは気軽にお願いできますよね。クリーニングしてもらうことでフレームのゆがみやネジのゆるみといった具合もいっしょにチェックしてもらえます。ネジや鼻あての交換だけなら無料で対応してくれるお店がほとんどです。
またフィッティングを見てもらうことも大事です。かけているうちにどうしてもゆがみやズレが生じます。肩こりや頭痛を引き起こすこともあるので、常時かけている人は3か月に1度は見てもらいましょう。

 

頼りになる眼鏡保証だけど、紛失、不注意、セール品は対象外のことも

大事な眼鏡を安心して使うことのできる保証ですが、眼鏡店によってその内容は微妙に異なります。たいていのお店で商品の不具合や視力の変化による交換は無料で行ってくれますが、眼鏡そのものの紛失やセール品は対象外になる場合がほとんどです。そのほかにもセット商品、アウトレット商品、一部のブランド品などで保証対象外となる場合があります。購入する際は修理のことまでなかなか頭は回りませんが、頭の片隅に置いておくよう心がけましょう。
また、保証書がない場合や所定事項が未記入の場合にも、無料交換や無料修理の対象外となるケースがあります。対して持ち主の不注意で破損した時に半額などの規定を設けていることもあります。購入時にしっかりと保証書に書かれている保障やサポートの内容に目を通しておきましょう。

 

快適な眼鏡ライフにはメンテナンスが欠かせない

快適な眼鏡ライフにはメンテナンスが欠かせない

眼鏡は買ってずっとそのまま使えるものではありません。適切に使い続けるためには車が車検を受けるように、眼鏡にも定期的なメンテナンスが必要です。鼻あての調整やフィッティング、クリーニングやねじ交換、視力検査はたいていのお店で無料で行っています。快適に使い続けるため眼鏡店と上手にお付き合いしていきましょう。