似合うサングラスの選び方

似合うサングラスを選ぶためのポイントを男性と女性、それぞれに合わせて紹介していきます。

タイプ別 : サングラスの探し方

男性向け

女性向け

様々なタイプのサングラスが存在する中で、自分に合ったものを見つけるのは大変なこと。
ここでは男性向けに似合うサングラスの選び方を紹介していきます。

POINT1フレームの形で選ぶ

眉のラインを合わせる 選ぶポイントのひとつとして、サングラスをかけてみたときに、フレームと眉のラインが合っているかどうかをチェックしましょう。
眉のラインとサングラスのトップラインが似ている形であれば、顔にも自然と馴染みます。

フレームの横幅を顔幅に合わせる 顔の横幅より大きすぎるフレームのサングラスを選ぶと、寄り目に見えてしまう可能性があります。フレームの横幅が顔の横幅に近いほど、目元が自然な印象に。

テンプルを意識する 人は他人の顔を見る時に、正面から見るよりも横顔をみることの方が多いもの。
正対すると緊張感を与えますが、横顔は長時間でも見ていられるからです。サイドから見たときの印象を意識することも大切なこと。
テンプルのデザインもチェックするようにしましょう。

POINT2顔の形に合わせる

サングラスのフレームの形を決める上で大事なのは顔の形に合っているかどうか。
顔のタイプに合わせて、サングラスの形を決めましょう。

丸顔 丸顔の人に似合うのはスクエア型のサングラス。
中でも顔の丸みを打ち消してくれるハーフリム型がオススメです。
ラウンド型は顔の丸みを強調してしまうので避けるように。

面長 面長の人に似合うのはティアドロップ型のサングラス。
また、ウェリントン型のメガネも合わせることができます。
スクエア型は顔の長さを強調してしまうので避けるように。

四角顔 四角顔の人に似合うのはボストン型のサングラス。
同様に丸みを帯びているオーバル型のメガネフレーム合わせられます。
スクエア型は顔が角ばって見えてしまうので避けるように。

逆三角顔 逆三角顔の人に似合うのはスクエア型のサングラス。
他にも丸みをイメージさせるラウンド型のメガネも合わせられます。
ウェリントン型など角ばった部分があるメガネは避けるように。

POINT3カラーで選ぶ

サングラスを選ぶ際に重要になるのがレンズカラーです。
肌の色やTPOに合わせてレンズカラーを選びましょう。

ブラウン系 ブラウン系は日本人の肌にも馴染みやすく、コーディネイトしやすいカラー。
相手にシックで落ち着いた印象を与えます。青い光を抑える効果があるため、遠い景色が見やすく、アウトドア向き。

グレー系 グレー系は都会的でスタイリッシュな印象を与えるカラーです。
眩しさを防ぐ効果も高いため、日差しが強い場所や時間帯に適しています。

ブルー系 ブルー系はクールで爽やかなイメージを感じさせるカラー。
日焼けした褐色の肌に合い、相手にさわやかな印象を与えます。
他のカラーと比較して物が自然な色で見えやすいのも特徴です。

パープル系 パープル系は上品で神秘的なイメージを演出できるカラーです。
肌の赤みを抑え、くすみもカバーする効果も期待できます。
視界も明るくなり、高貴で華やかなイメージがお好みの方にオススメです。