ボストン、ウェリントン、ラウンド。かつて欧米で作られた伝統的なメガネたち。
そんなメガネに、Oh My Glasses TOKYOの新たな遊び心をプラスして、日本の眼鏡の産地、鯖江で丁寧につくりたい。
そんな思いで3タイプの眼鏡を作りました。

今回のOh My Glasses TOKYOの遊び心、それは「カラフル」です。
従来の、良き伝統である、シックなカラーのラインナップも残しつつ、
現代的なビビッドなカラーを使用することで、新たなトラディショナルの楽しみ方の提案をしています。

Oh My Glasses TOKYOの考える新たなTRADITIONALを体験してください。

天然綿花を主成分とした
アセテート生地の板材を、福井の眼鏡職人が
手作業で削り出し、磨き上げたフレーム。

6mmの生地を部分的に4mmまで削り落し、強度的に必要なところはしっかりと、スリムに見せたいところは、薄く削りおとし、十分な強度を持たせながら、細身な仕上がりにしています。職人技のポイントでもあるアセテートの艶が十分にでており、高級感あふれるフレームとなっています。

アセテートカラーは、黒、ブラウンべっ甲柄、クリアブラン、墨グレーなどベーシックなカラーの他に、
黄色みが強いべっ甲柄、下半分が透明な墨ブラウン、グレーなどの 特長のあるカラーも使っています。

ニュートラッドプラスオーエムジー(NewTrad +omg)のメガネを探す