UVカットメガネ特集

眼の紫外線対策としておすすめしたい uv カットメガネ。

UVカットメガネ

紫外線が眼に与える影響

UVとは「Ultra Violet」、つまり紫外線のこと。UVカットメガネはその名のとおり、紫外線を遮断してくれるメガネを指します。日常生活で多少の紫外線、UVを浴びる分には、目の機能には問題ありませんが、長時間強い紫外線を浴びると、白内障や黄斑変性(おうはんへんせい)症という、視界がゆがんだり目が見えなくなったりする病気を引き起こす可能性があります。また、角膜炎(かくまくえん)になるリスクもあるのが紫外線の恐ろしいところ。

透過率をチェック

透過率をチェック

サングラスやUVカットというと色の濃いサングラスを思い浮かべる人も多いかと思います。実は、色の濃さと紫外線カットの性能は関係がないんです。UVカットのサングラスには、「紫外線透過率」というものが数字で表示されています。これはそのレンズがどれだけ紫外線を透過するかを示す数字。低いほどレンズの性能が優れています。

UVカットメガネが活躍するシーン

紫外線透過率が高ければ、見た目はサングラスのようには見えなくてもサングラスとしての役割を果たしてくれます。目を守り、病気を防ぐために、外でのスポーツ時や登山や海水浴などアウトドアでのレジャー、畑仕事など、日中の大半を強い紫外線の中で過ごすときには、UVカットのメガネの着用がオススメです。最近では伊達メガネでもUVカットの機能を備えているものも増えてきました。紫外線を防ぐことの大切さを認識した上で、メガネを選ぶようにしましょう。