メガネフレームごとのメイクポイントをおさえてメガネ美人| メガネスタイルマガジンOMG PRESS

メガネをかけた状態だとメイクが難しいと思われがちです。確かにメガネは顔の印象に大きく影響するので、メイクの印象も打ち消してしまうことがあります。
しかし、上手にメイクを工夫すればメガネ美人を演出できる方法もあるのです。ここではメガネフレームごとに気をつけたいメイクのポイントをまとめてみました。

 

眉メイクはメガネフレームの形に合わせて

眉メイクはメガネフレームの形に合わせて
多くの女性が眉を描くなどの眉メイクを行っていることでしょう。メガネをかける場合は、眉とメガネのバランスを整えることが重要になります。たとえばフレームのないメガネをかけているのに、眉を薄く描いてしまうと顔立ちの印象がぼやけてしまいます。逆にフレームのあるメガネでは眉を濃く描くとバランスがぶつかります。
フレームがないときは眉を濃く、フレームがあるときは眉を薄く描きましょう。また、メガネフレームの形に合わせて眉の角度を決めるのもメイクのコツです。丸みのあるフレームなのに角度のある眉を描いてしまうと印象がちぐはぐになってしまいます。眉がフレームに沿うようなイメージで描くと、均整の取れた違和感のない顔立ちになるでしょう。

 

メガネのフチがあるかないかでアイメイクを工夫

メガネのフチがあるかないかでアイメイクを工夫
近視用レンズは目を小さく見せてしまう作用があります。そのため、アイメイクのときには少し濃い色を締め色に選ぶと目元が強調されます。逆に遠視用レンズでは目が大きく見えるために締め色は薄い色を選ぶことをおすすめします。
また、メガネのフチの有無も印象を決定づける大きなポイントです。フチがあるメガネをかけていると、アイラインとフチが重なって目元の印象がぼやけてしまいがちです。そこで、フチとアイラインの重なる比重が小さくなるよう、アイラインは細めに描きます。
一方、フチのないメガネではアイラインを濃く描くことで目元が強調されます。メガネをかけているときは目元の印象が弱くなる、と感じていた人は締め色の濃さやアイラインの太さを見直してみましょう。

 

メガネフレームの色とアイシャドウの色を組み合わせて

 メガネフレームの色とアイシャドウの色を組み合わせて


メガネフレームの色にはそれぞれに特長があります。アイシャドウの色を選ぶときはフレームの特長を活かすような色を選ぶことで美人度が高まります。たとえばフレームが黒の場合は落ち着いた知的なイメージを演出できます。アイシャドウもパープルなどのダークカラーが見事に映えるでしょう。フレームが赤のときは女性らしさを強調することができます。
アイシャドウも女性らしくピンクを選んで目元の印象を強くするのがおすすめです。茶色のフレームはオシャレでどこかエキゾチックな印象になります。アイシャドウもグリーンなどで合わせるのがオシャレに見えます。このようにフレームの色から逆算して、バランスの良いアイシャドウを選ぶことでバランスの取れたアイメイクが完成します。

 

チークの高さはメガネとのバランス重視

最近流行のメイクで重要なポジションを占めているのがチークです。特におフェロメイクのような女子力を強調するメイクではチークの存在が欠かせないといえます。しかし、メガネをかけているとチークの魅力が発揮できないケースがあります。チークとメガネのフレームが重なってしまうためにチークが隠れてしまうのです。
そこで、メガネをかけている人は頬骨の頂点よりも少し下の高さでチークを塗るとメガネに隠されず見せることができます。また、メガネの色とチークの色がお互いを相殺しないよう注意しましょう。濃い色のフレームに対して濃い色のチークを塗ってしまうと特長を潰しあってしまいます。フレームの色が濃いと思ったら、あえてチークには薄い色を選ぶと色合いよく見えます。

 

リップで顔の印象を決めよう

リップで顔の印象を決めよう


メガネ女子のメイクではアイメイクやチークで気をつけるポイントが多く、窮屈に感じる人もいるでしょう。メガネをかけたメイクに自由度が低いと思えることもあります。
しかし、対照的に自由度が高くメガネの形や色にとらわれないメイクが可能なのがリップです。目元や頬はメガネとのバランスを重視しますが、口元は自分の好きなようにメイクしても大丈夫です。むしろ、顔の印象はリップで調整するように心がけましょう。目元の印象が弱まってしまったと感じたときにはリップを濃い色にするなど、人の目線を口元に集めるのがおすすめです。

また、女性らしく明るい印象を口元にあたえるグロスを使うことも効果的です。メガネをかけてもメイクに遊び心を求める人は、口元でアピールしましょう。

 

メガネ美人のメイク術を楽しもう

メガネ美人のメイク術を楽しもう
メガネをかけているメイクでは、バランスに気をつかったり色を工夫したりと、普通のメイクよりも注意するポイントが増えます。しかし、メガネとの組み合わせ次第で自分でも気がつかなかった魅力を演出できる可能性もあります。メガネ美人のメイクではメガネならではの楽しみを感じながらテクニックを磨きましょう。

メガネフレームを探す