メガネレンズの色が変わる!紫外線をコントロールしてくれる不思議な調光レンズ| メガネスタイルマガジンOMG PRESS

調光レンズは紫外線を浴びると自動的に色が変わって目を守ってくれるレンズです。
日差しや紫外線が強い季節になると、肌ばかりではなく目の健康も気になります。目は日頃からよく使うため、疲れ目の原因や紫外線のダメージは避けておくに越したことはありません。そのような場合にサングラスを購入するのも良いですが、調光レンズにも注目してみるのはいかがでしょうか。
ここでは、調光レンズの特徴やメリット、取り扱い方法などを説明します。

 

調光レンズは自分で光を調節してくれる

調光レンズは紫外線によって化学反応が起こり、色が変化するレンズです。レンズそのものの色が変わる場合と、レンズに色が変わる素材をコーティングしているものがあります。
レンズは紫外線が強ければ濃く、少なければ薄い色になるので、光の強さに合わせて目を守りまぶしさを抑えてくれます。レンズに最初からカラーが入っていると自分で掛け外しをして調節しなければなりませんが、調光レンズは紫外線が当たらなければ色はクリアなままです。ですから、普通の眼鏡としてもサングラスとしても使用できるのです。

 

暗いところに突然入ると?こんなときには要注意

調光レンズの色彩変化は化学反応で起こりますが、一気に変化するものではありません。技術の進化によって発色は早まってはいますが、それでも明るいところから暗いところへ突然入るような場合は、色の変化が終わるまでに少し時間がかかります。
ですから、明るい屋外から室内へ入った時には、レンズが暗くて見えにくい状態が短時間発生します。そのため、トンネルや屋内駐車場などきちんと視界を保っておかなければならない場所に入る際には気をつけましょう。

 

どちらが良い?調光レンズとサングラスで迷ったら

サングラスといっても、紫外線のカットに特化したものから、反射光まで防いでぎらつきを抑えるものまで、カラーや濃さといった機能・種類に違いがあります。サングラスがほしくても種類の多さに購入を迷った場合には、まず調光レンズから使い勝手を試すのはいかがでしょうか。
サングラスはレンズに色がついているので、掛けられるシーンがある程度限定されます。しかし調光レンズは普通の眼鏡としても使用できるので、掛けられるシーンも多く、早く慣れることができます。後で新しくサングラスを選ぶ場合でも、調光レンズを掛けてみた経験が役に立つでしょう。

 

レンズはデリケート!調光レンズの扱い方

正しいメガネのお手入れ方法をマスターしよう!

調光レンズは、何度も紫外線を浴びるうちに色の変化が弱まっていきます。寿命を伸ばすためには、使っていないときは眼鏡ケースにしまっておきましょう。また、コーティングタイプの調光レンズは傷がついた部分の機能が弱まってしまいます。
一般的なレンズも同じですが、傷でコーティングがはがれないようにやさしく扱い、高温の場所に置きっぱなしにしないといった眼鏡の取り扱いの基本を守りましょう。

 

コントロールしてくれるレンズは機能的

調光レンズは、紫外線を防止するサングラスの役目を持ちながら、紫外線の少ない場所ではクリアな視界になってくれるレンズです。紫外線量に合わせて目をカバーしてくれるため、機能的で掛ける場所を選びません。
調光レンズ特有の注意するべきポイントを頭に入れて、快適な使い心地を試してみてはいかがでしょうか。

 

▼調光レンズについての参考サイト
 

宝石・めがね・時計・補聴器のヨシダ

れんず屋

HOYA

TALEX