ホームおすすめメガネ店メガネの知識目の健康メガネの修理・調整ファッションニュース・トレンド メガネ・サングラスの選び方

 

【OMGで働くひと】筋トレするように、はたらく。[管理本部長:T氏]

OMGpressの運営企業、オーマイグラス。

僕らは、メガネで世界をワクワクさせてみせる。』をスローガンに、個性的なスタッフが、いきいきと働いています。

そんなスタッフの姿を、ちょっとだけ紹介する連載シリーズです。

第2回めは、管理本部で活躍しているT氏。

バリバリと、でも物腰柔らかにバックオフィス業務をこなすT氏には、意外にも『マッチョ』な一面があるのでした…!

今回紹介するひと 管理本部長:T

 

経理業務をはじめ、総務、労務、人事、税務、法務、財務といったバックオフィス全般を幅広く引き受ける。

実は、海辺の街に住むほどのサーフィン好き(港区にある本社までの通勤時間は、なんと片道1時間半!)
家族との時間も大切にする、1児の父。

オーマイグラスに出会うまでは、どんなことを?

⾼校時代、サーフィンに⽬覚める。
「どうせやるなら、本場の波に乗りたい!」と思い⽴ち、⾼校卒業後にオーストラリアへで1年間、サーフィンにあけくれて過ごす。 帰国後、メロンパン移動販売、ラーメン店などの接客業、コールセンターSVなど様々な業種を経て、経理職にキャリアチェンジ、2017年にオーマイグラスへ⼊社。

ー経歴を拝見したんですが、ずーっと経理職だったわけじゃないんですね。

いろいろやってらっしゃる。

中でも…この、『メロンパン移動販売』って、かなり異彩を放ってますね(笑)

T「そうですよね。ハイエースにオーブンとメロンパンを乗せて、北陸三県回ってました。当時の北陸では、メロンパンの移動販売ってすごく珍しかったようです。

スーパーにテントを出すと、おじいちゃん・おばあちゃんがわんさか来て、すごいことになってました

ーわぁ、楽しそう!

他にも、ラーメン屋さんやコールセンターなどにいらっしゃったようですが、なぜ経理の道へ入られたのですか?

T「ちゃんと生きていくためのスキルが欲しいなと思ったんですよね。

で、改めて、自分が得意なことを考えたら、数字を集計したり、結果をデータ化して実務にいかしたりってことだったんです。

だったら、経理が向いてるな、と」

ーなるほど。

T「経理って、どこの会社に行っても必要なポストですよね。

今後AIが進化しても、当面は人間の手が必要な分野でもあります。

だからあの、ぶっちゃけていえば、経理なら食い扶持に困らないだろうなって」

着用モデル:Oh My Glasses TOKYO "Sarah" Clear Brown

毎日お忙しそうなTさん。どんな一日を過ごされてますか?

業務時間は9時半〜18時半。
業務後はインプットのため社内に残って本を読んだりも。

ーえ!残って自主勉してるんですか?

T「あはは。自分がラクになりたいからですけどね」

ーというと?

T「管理業務って、法律に縛られる部分が大きいんです。

まず、法律の枠がある。

その中で、どれとどれをどう組み合わせて最適解をみつけていくか…っていう、パズルみたいな仕事なんですよね」

ーそうですよね。

何となくのイメージですが、『決まりごとが多くて、細かい仕事』という印象があります。

T「おっしゃる通りです。

でも裏を返すと、いったんルールや枠組みさえ知ってしまえば、業務はラクになっていきます。その枠を知るために、本を読んだりインプットしたりっていうことをやってるんです。

知識をなるべく早く吸収して、早くラクになりたい(笑)」

着用モデル:Oh My Glasses TOKYO "Elvis" Black(Sunglasses)

オーマイグラスで働いていて、一番印象的だったエピソードを教えてください。

諸事情で直属上司の、前管理本部長が退職することになったときのこと。

 

引き継ぎに加え、今まで全く経験したことない未知の課題・タスクの解決を迫られた。
誰にも相談できず、ひとり絶望感に浸っていると、社長の清川さんから

3分40秒からがおすすめ
https://www.youtube.com/watch?v=NVkF7qNLdfs

という短いメッセージが送られてきた。
この動画に救われ、厳しい状況を乗り切ることができた。

ーこの動画、『猪木祭り』ですね。

アントニオ猪木さんが神輿に乗って担がれてる…。

T「イノキボンバイエ2002、です」

ー猪木さん、扇子くわえて満面の笑みですね。

シュールだけどパワーにあふれた動画です。

T「ポジティブだし、どことなく笑っちゃいますよね。

これ、清川さんからの

お前がキツいと思っていることは、実はそこまでのことじゃない。

まだまだ大丈夫だよ

っていうメッセージなんじゃないか、と僕は捉えたんです。

これをうけて、

『まだまだいける。めげてないで、できるだけのことはやってみよう』

っていうポジティブな気持ちに切り替えるきっかけになりました」

ーこのメッセージって、ある日いきなり送られてきたんですか?

T「そうです。

僕は別に、清川さんに『今キツいっす』とか直接言ったわけじゃない。

でも、それを察知して、タイミングよくポンと送ってくれたんですよね。

よく見ていてくれてるんだなぁということも感じました」

ー社長がちゃんと見守ってくれていると分かれば、安心できますよね。

T「はい。『ひとり』じゃないんだ、って思えました。

あのときは清川さんだけじゃなく、他のスタッフや株主さんたちからも、励ましの言葉やアドバイスをたくさんいただきました。

皆さんに感謝していますし、自分ひとりの力では乗り越えられませんでした」

Tさんからみて、清川さんってどんなひとですか?

ピンチのとき、切羽詰まっている時こそ、ユーモアを出せるひと。

ーこれは分かります。

猪木動画のエピソードひとつ取っても、ユーモアが伝わってきますよね。

T「そうです。管理本部長がいなくなったのって、清川さん自身も相当しんどかったと思うんですよ。

それなのに、ポジティブで、ちょっと笑えるようなメッセージを他人に送れる。

いろんな修羅場を経験してきた人だからこそ、できることですよね」

ー確かに。

大変なときに大変がるのは、誰にでもできることですもんね。

T「忙しいとき、ピンチのとき、切羽詰まっているときこそ、ユーモアを出せるひとって、ホンモノだと思うんです。

厳しい状況にあっても、笑いを取りにいけるほどの心の余裕を…まあ、本当にもっているかどうかは別としても(笑)、人に示せるって、やっぱりスゴいなぁと感じます」

「仕事とは○○である」……○○の部分を埋めるとしたら?

仕事とは、筋トレである。

ーマッチョな回答ですね。筋トレお好きなんですか?

T「好きですね。

最近は業務もあって、なかなかできませんけど」

ーTさんをはじめ、本社勤務のスタッフはみんなデスクワークですよね。

体を動かす機会はほぼありませんが、『筋トレ』との共通点は…?

T「筋肉は、負荷をかけていったん筋組織を破壊したあと、栄養や休養を与えることで増強されます。これが筋トレですよね。

仕事も同じだと思うんです。

今の自分にはできないと思った仕事も、とりあえずはトライしてみる。負荷をかけるわけです。

万が一失敗しても、今度はそれを達成できるように、知識をインプットしたり、休養したり、外部から刺激をもらったりしてみる。

そうすることで成長して、物事が達成できるようになるんじゃないかな」

ーほおお…!

T「筋トレは、やればやるほどバルクアップしていく。

仕事も、繰り返せば繰り返すほど、できることが広がっていく。

そこが似ているなぁと思います」

ーTさんはオーマイグラスに入社して2年。この2年間の間で、ビジネス的に筋トレを重ねた実感がありますか?

T「あーもう、すごいありますね。相当してると思ってます。

前職も経理だったのですが、そこでの3年間と、オーマイグラスでの1年間は、イコールかそれ以上の仕事量&質といえます」

ーそれはかなりのトレーニング量ですね。

時には、『もうやだー!』ってなることとかないんですか?

T「ありましたけど(笑)」

ー『やだ!』ってなったときはどうしてるんですか?

T「いや、でも、もう無理だなって思っても、やってみたら意外とできたりするんですよね。

例えば、トータルで見ると大きな問題でも、ひとつひとつ分解していけば、『あれ?これって、実は大したことないじゃん』って分かったりする。

物事は捉え方しだい。嫌だ、できない、と決めつけずに、とりあえず取り組むようにはしています。

オーマイグラスに入ってからは特に、その点を意識するようになりましたね」

着用モデル:Oh My Glasses TOKYO "Luke" Black

Tさんにとって、オーマイグラスはどんな会社ですか?


『働く筋トレ集団』。

男女とわず、実際に筋トレしているメンバーもいます。
そうでない人も、みんな考え方が『筋トレ脳』。
できないと決めつけず、まずはやってみる。
できるようになるために、知識をインプットし、きちんと休養も取る。

そのマインドが根本にある限り、
オーマイグラスの価値観である 『僕らは、メガネで世界をワクワクさせてみせる』も、
実現できると思います。