ホームおすすめメガネ店メガネの知識目の健康メガネの修理・調整ファッションニュース・トレンド メガネ・サングラスの選び方

 

中近両用メガネの使用で運転するのは大丈夫?| メガネスタイルマガジンOMG PRESS

中近両用メガネの使用で運転するのは大丈夫? 

1つのレンズの中で、近くを見るための度数から遠くを見るための度数までが連続している「累進屈折力レンズ」。
一見すると老眼鏡とはわからないこのレンズの普及によって、遠近両用メガネや中近両用メガネを気軽に使えるようになりました。

遠近両用メガネより目への負担が少ない中近両用メガネですが、主に室内を想定して設計されているため、運転には適さないといわれています。ここでは、中近両用メガネを使用して運転することについてご紹介します。

 

中近両用メガネで運転はできる?

中近両用メガネで運転はできる?

近くから遠くまでを自由に見渡せる遠近両用メガネとは異なり、中近両用メガネは手元から3〜4メートル先までしか視界が保証されていません。
累進屈折力レンズの遠近両用メガネは度数の切り替えが急であるために、慣れないうちは視界が歪んだり目が疲れやすくなったりします。

したがって累進屈折力レンズに慣れるためや、デスクワークや読書のときなど室内だけで利用されているのが、視界は狭いものの度数の切り替えがおだやかな中近両用メガネなのです。
このような理由から、中近両用メガネは外出や運転中にはあまり適していないメガネといえます。

 

老眼鏡で運転する時に気をつけたいこと

累進屈折力レンズの老眼鏡は、まず慣れるまでに時間がかかります。慣れないうちは無理に着用せず、室内で短時間だけかけてみるなど、徐々に調整していきましょう。
慣れてきて運転ができるまでになったら、気をつけたいのは視線の動かし方です。累進屈折力レンズの老眼鏡では、構造上レンズの周辺部に歪みが生じているため、視線は常にまっすぐに固定することが重要になります。

したがって方向確認などの際は顔ごと動かすようにし、横目を使わないようにしましょう。また長時間の運転は、目に負担がかかってしまう可能性があります。
適度に休憩を入れたり、運転距離を家の近所にとどめたりするなど、老眼鏡による目の疲れに応じて運転時間をコントロールしてみましょう。

 

安全に配慮して老眼鏡を使おう

安全に配慮して老眼鏡を使おう

手元も遠くも一度に見られて便利な老眼鏡。累進屈折力レンズであれば、老眼鏡とばれることも少なく、快適に毎日を過ごせるようになります。
しかしレンズに歪みが生じるため目に負担がかかったり、中近両用メガネであれば視界が3〜4メートル先までに制限されたりと、注意しなければいけないポイントもあります。

室内で中近両用メガネを使い、外出や運転時には遠くを見渡せる遠近両用メガネを使うなどの使い分けや、老眼鏡特有の歪みになれるまでは運転を控えるなど、安全に配慮して老眼鏡と付き合っていくことが大切です。

 

オーマイグラス東京の取り扱いレンズについて

遠近両用レンズよりも、手元やパソコン等の見え方を、見えやすくしたデスクワーク向きのレンズです。

オーマイグラス東京の中近両用レンズ

 

単焦点レンズとは、近視・遠視・乱視の場合に用いられるレンズです。
主に、遠く専用、近く専用など、一つのレンズに一つの度数を用いています。

オーマイグラス東京の単焦点レンズ