パッチリおめめを取り戻せ!疲れ目を自宅で簡単にケアできるグッズ

パッチリおめめを取り戻せ

近年ではパソコンやスマートフォンなどを使う機会も増え、目元の疲れが気になるという声もよく聞かれるようになりました。

目元の疲れは放っておくと体に様々な悪影響を与えます。

今回のOMGPRESSでは、疲れた目を簡単に自宅でケアできるグッズをご紹介します!

目元の疲れが引き起こす悪影響とは?

長時間にわたって目を酷使する作業が続くと「眼精疲労」の状態に陥ります。眼精疲労は以下のような症状を引き起こします。

  • 目の痛み
  • 充血
  • まぶしく感じる
  • かすんだりぼやけて見える
  • 肩こり
  • めまい
  • 吐き気

眼精疲労の状態が続くと、視力の低下や様々な体の不調を引き起こします。また、目元の疲れは血行不良からクマやシワなどが目立って見え、見た目にも悪影響を与えます。

このような状態を改善するためには、日頃のケアが大切です。しかし、忙しくて目元をじっくりとケアすることができないという方も多いのではないでしょうか。そこで、次からは自宅で簡単に目元をケアできるグッズをご紹介します!

目の疲れが気になる方にはこちら!

1.蒸気でホットアイマスク(花王 めぐリズム)

花王めぐりズム
(引用元:http://www.kao.co.jp/megrhythm/

使い切りタイプのアイマスク。封を開けるとすぐにマスクが温まるため、今すぐ使いたいという時に便利です。耳にかけることができるため、座った状態でも使うことができます。
締め付け感も少ないため、就寝前に使用することも可能です。
また香りも4種類取り扱っており、気分や好みに応じて香りを選ぶことができます。

2.あずきのチカラ(桐灰)


(引用元:http://www.kiribai.co.jp/index.html

こちらは電子レンジで加熱して繰り返し使うことのできるアイピロー。およそ250回は繰り返し使うことができます。あずきの持つ水分が蒸気となって目元全体を温めてくれます。
パソコン作業の休憩時間や、就寝前に手軽に使うことができます。

3.温冷アイケア(アテックス)


(引用元:https://www.atexdirect.jp

充電して繰り返し使うことができるアイマスクです。名前の通り、温モードと冷モードの二つを使い分けることができます。
目が充血したりまぶたが腫れている時には、目元を冷やす方が効果的。目元の疲れ方や状態に応じて、モードを切り替えることができるため便利です。
職場や旅行先にも持ち運びできるよう、コンパクトに作られています。

目元の美容が気になる方はこちら!

疲れた目元はクマやシワが目立ちやすくなります。ここでは目元に潤いを与えてくれる美容グッズをご紹介します。

1.こっとん紙 目元・口元用(加美屋)


(引用元:http://www.kami-ya.jp/

乾燥が気になる目元のキワまで貼ることができるパック用のシートです。紙でできているため、コットンの毛羽立ちが痛いと感じる敏感肌の方にもオススメ。少ない化粧水の量でたっぷりうるおいます。
普段使っている化粧水を目元に重点的にパックすることができます。

2.目元エステ(パナソニック)


(引用元:http://panasonic.jp/face/eye_esthe/products.html

目元エステは目の下の部分を温めて血行を改善しながら、たっぷりのスチームで目元に潤いを与えてくれます。
目の疲れはもちろん、クマもシワも一気に改善できるグッズです。

予防も大切

最近ではパソコンやスマートフォンを使う機会も増え、より目を酷使する状況が増えています。疲れた目をケアすることも大切ですが、目が疲れないように普段から予防することも大切です。

そこでオススメなのが、いつも使っているメガネのレンズをPC用のレンズにバージョンアップすることです。PC用のレンズは、パソコンやスマートフォンなどの画面から発せられるブルーライトをカットするものです。
ブルーライトは波長が短いため、網膜などに到達しやすく、視細胞に影響を与えるといわれています。オーマイグラスのPC用のレンズは、ブルーライトをおよそ15%から20%反射してカットします。

関連記事

また、長時間の運転で目が疲れるという方にはカラーレンズへの交換もオススメしております。薄めの色のカラーレンズなら、夜間の運転でも安心してご使用いただけます。度入りも対応可能です。

他店で購入されたメガネでも交換できますので、「そろそろレンズを交換したい」「目の疲れが気になる」そんな方はぜひオーマイグラスのレンズ交換サービスをご利用ください!



この記事を書いた人:レイナ

2018年1月からオーマイグラスに加入したライター。シンガーソングライターとしても積極的に活動中。これから楽しく役に立つ記事を発信していきます!