眼鏡市場(めがねいちば)の口コミと評判を徹底解明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼鏡市場(めがねいちば)といえば、「新たな付加価値を追求し、地域社会に貢献する革新的な企業でありたい」をコンセプトに掲げているメガネ店。有名な韓流スター、ペ・ヨンジュンやタレントのベッキーがCMに出演していることでも有名です。

40代以上を主なターゲットとし、ここ5年程の間に国内の店舗数を約300店舗も増やすなど、破竹の勢いで成長しメガネ業界に革命を起こしている眼鏡市場。

メガネ小売店の中でもトップクラスの売上を誇る眼鏡市場に関する口コミや評判にはどのようなものがあるのか、調べてみました。

TVCM等でよく目にするものの、本当に眼鏡市場の眼鏡は質が良いのか、レンズの価格は安いのか、レンズの品質はどんな感じなのかなどなど、みなさんが気になる点や周囲の評判を明らかにしていきます。

眼鏡市場とは

まずは眼鏡市場の基本的な説明からしていきましょう。眼鏡市場は、メガネトップが運営し、全国に展開しているチェーン店。

何度も業態を変え、スクラップアンドビルドを繰り返しながら成長しており、業態返還して成功した事例が眼鏡市場です。最近では、既存店舗を眼鏡市場の業態に改装してしまうケースも多くなっています。

眼鏡市場の見どころ

眼鏡市場の目玉といえば、なんといってもその価格にあります。「フレーム+レンズ+ケースで全品15,750/18,900円」という驚きの安さ。選ぶことができるレンズは30種類ほどあり、その中には超薄型遠近両用レンズ、超薄型非球面レンズも含まれます。

これは遠近両用レンズを使う年配の方にとって非常に大きなこと。従来はフレームとレンズを買うと、どうしても4〜5万円という値段がかかっていました。

眼鏡市場が出店した場所の、近隣に存在しているメガネ店や他のチェーン店から「売り上げ」「顧客数」ともに減少しており、この安さにひかれて、眼鏡市場へと顧客が移っていることが考えられます。

眼鏡市場の口コミ・評判

眼鏡市場の価格は、JINS(ジンズ)とZoff(ゾフ)と比較すると値段は高いですが、業界内での価格は相対的には安くなっています。眼鏡市場の口コミ・評判はブログ等で書かれていることも多く、その評判には良いもの、悪いもの両方あります。

今回はそんな眼鏡市場の口コミ、評判の一部を紹介します。

「眼鏡市場で夫、子供と自分の家族3人の眼鏡を作ってもらったら、旦那と子供のメガネフレームが半年で根元からポッキリ。同じような所で折れていたので、見た所プラスチックのみで中に芯が入ってない、これじゃー折れるのも無理ないよなーと思う。(今まで何個も眼鏡を作って来たけどツルの根元がポッキリ折れたのはここの眼鏡だけ)

眼鏡市場のお客様相談室に電話をしてその旨を伝えたら、今までそんなクレームは全くないとの事で直すなら普通に料金がかかるとの事だったので諦めた。インターネット上を見ても折れたという方もいらっしゃったので、自分のだけおかしいのでなかったんだな~と安心した。

それにしても強度的にもちゃんと考えて作っているのか?このようなクレームも多分自分だけではないと思うのだが・・・どのようなクレームに対してもちゃんと向き合う姿勢が欲しい所。会社側の真摯な態度が見えなかったのは残念だと思う。絶対眼鏡市場の商品は買わないし、人にも勧められないと思います。」

遠近両用の眼鏡を作りました。販売員さんは全て丁寧で親切な人ばかり。検査をする時も必ず説明をされました。1週間ほど日にちがかかると言われて外へ出る時、車が見えなくなるまで見送りをしていただき、先日眼鏡を貰いに行きましたが、注文と同じ態度で最後まで親切でした。

眼鏡市場で、細いフレームの眼鏡が壊れてしまい、丈夫そうな太いセル枠のメガネフレームを購入。しかし、1年ちょっとでフレームを止めているいるところが曲がって、ネジがとれてしまいました。修理に行ったところ、3週間かかり、料金は5~6千円。生活に欠かせない物なのに何故高いし、時間もかかるのだろうか。何十年もメガネを使っていますが、眼鏡市場の対応はひどすぎます。
二度と買いません。

以上がネット上での眼鏡市場に対する口コミ、評判の抜粋です。

・眼鏡市場の中でも、店舗によって、接客の質は異なる様子
・商品に関しては、質は悪く、寿命としては1年くらい
・価格に関してもユーザーによっては高いと感じている人もいる

眼鏡市場のペ・ヨンジュン起用

眼鏡市場は現在、札幌・名古屋・熊本・千葉・福岡などに店舗を展開しており、全品15,750/18,900円という驚きの低価格と合わせて、その評判は口コミで大きくが広まっています。これまで親会社であるメガネトップは地域へのチラシ配布を重視していたようですが、眼鏡市場では派手なCMを大々的に打ち、大衆を巻き込むような戦略に切り替えました。

さらに眼鏡市場のCMキャラクターにはあの韓国の大物スター「ペ・ヨンジュン」が抜擢。今や眼鏡市場といえばペ・ヨンジュンを思い出す方も少なくないでしょう。眼鏡市場はターゲットの年齢層に人気のある有名人の起用によって、私たちに「眼鏡市場」のイメージをインプットしました。

また、眼鏡市場ではペ・ヨンジュンのCM起用にちなんで、「韓国プレミアムツアー」なども開催しており、CM撮影のメイキング映像をツアー参加者にだけ公開するなど、話題づくりなどにも積極的な姿勢を示しています。

眼鏡市場のCM

眼鏡市場は積極的にTVCMも放映しています。鯖江の技術で作られた眼鏡たちを紹介する「SABAE QUALITY」のCMは話題となりました。その他にも、ZEROGRA、i-relax、NEO-TEXなどのCMも放映しています。

SABAE QUALITY

NEO-TEX

眼鏡市場の評判への総括

今回ご紹介したクチコミからは、眼鏡市場はコストパフォーマンスが良いイメージがあるものの、実際には商品の質は低いと考えられていることもわかります。中には店舗の接客の質が揃っておらず、ひどい想いをしているお客様もいるそうです。

「フレーム+レンズ+ケースで全品15,750/18,900円」という驚きのプライスで業界に革命を起こしている眼鏡市場。ネガティブなフィードバックも改善し、引き続き、眼鏡市場には業界を牽引していく存在であってほしい、そう思います。

今回の記事は、
いかがでしたか?

OMGブログは日々「旬のメガネ情報」をお届けしている、メガネを愛する人のためのメディアです。もし「いいね!」「オシャレ!」と感じたら、ぜひお友達にも紹介してください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人

OMGで一緒にメディアを作りませんか?